ホリスティックビューティー美容師 谷川博昭のブログ

ご予約はこちらから

ルイボスティーの効果・効能・歴史について

谷川博昭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
谷川博昭
日本初の【ホリスティックビューティー美容師】 ・JAMHA ホリスティクハーバルプラクティショナー 資格取得 ・JAPA アーユルヴェーダ アドバイザー 資格取得 外側の美しさだけではなく内面から美しくなる様にお手伝いできればと思い資格を取得しました。 美容だけではなくハーブ・アロマ・食生活の情報を発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

ホリスティックビューティー美容師の谷川博昭たにがわ ひろあきです!(@tani.herb

今回のハーブ

【若さを保つハーブ】ルイボスについて書いていきます!

ルイボスの学名

・Aspalathus lineari(アスパラトゥス リネアリス)

・別名:レッドブッシュ

・科名:マメ科

・使用部位:葉部

ルイボスの歴史と特徴

ルイボスティーは一度は飲んだ事がると思います。働いている美容室でも提供していて、とても人気があります。そんなルイボスの歴史を振り返っていきましょう!

歴史

ルイボスティーは南アフリカの先住民コイサン族(ブッシュマン)の間で古くから飲まれていました。ルイボスの葉を叩き天日で発酵・乾燥させて茶葉を作ります。食料が厳しい時には空腹を凌ぐ栄養源でもありました。

南アフリカは人類発祥の地とも言われていています。サン族が南アフリカ最初の人々で、のちにコイ族と合流しコイサン族と呼ばれるようになりました。

そして南アフリカは地球のチャクラとも言われている【ブルーマウンテン】があります。コサイン族は神々が宿る山とし古くから祈りの場所とされていました。ケープタウンを一望できます!そしてブルーマウンテンのふもとには【カーステンボッシュ植物公園】があり南アフリカの植物が沢山見れます。

話を戻しますが時が経ち18世紀に植民地開発の為にヨーロッパから移住してきた人たちもルイボスティーを飲む様になりました。そして20世紀初頭にヨーロッパに本格的輸入が始まり人気になっていきます。日本に来たのは、まだ日が浅く30年ほど前と言われています。

写真がカーステンボッシュ植物公園です。

カーステンボッシュ植物公園

特徴

ルイボスの最大の特徴と言ってもいいのは生息地が世界で一ヶ所しかない所です!場所は南アフリカのセダルバーグ山脈という所で、非常に乾燥した場所です。海抜450mの以上の高原地帯で、雨も少ししか降らず、昼と夜の気温差が30度以上もあるトンデモナイ場所です。

この一帯は古くは海の中にあった為、土壌には豊富なミネラルが含まれています。雨が降らないのでルイボスの根は最大10mにもなり深く広げた根から栄養分を吸い上げます。この様な場所で育つので他の場所で増やそうとしましたが育ちませんでした。

ルイボスの名前の由来は葉が落ちる時に赤褐色になる事からオランダ語で【赤い藪】を意味する【rooi(赤い)】【bos(藪)】からきました。

学名のAspalathusは【背の低いトゲのある木】からきていて、lineariは【まっすぐな糸】を意味します。この名の通りルイボスは大きくなっても1.5mくらいにしなりません。この高さに対して根がどれほど長いかがわかりますよね!そしてルイボスの花の開花時期は11月から12月ごろ(むこうでは夏)で、黄色い花が咲きます。

このルイボスは先住民には【不老長寿の飲み物】と言われていて、世界では【奇跡のお茶】とも言われています。

ルイボスの作用・適応

作用

・抗酸化作用

・代謝促進作用

・整腸作用

・利尿作用

適応

・アレルギー症状

・冷え

・便秘

・体質改善

フラボノイドを豊富に含み抗酸化作用があります。その為アンチアイジング効果が見込めます!ミネラルやビタミンも入っているので美肌効果もあります。リンパや血の巡りも良くし冷え性やむくみの解消に繋がります。女性ホルモンのバランスを整え、生理周期や生理痛にも効果が期待できます

妊娠をされた方や授乳中でもノンカフェインでタンニンが少ないので安心して飲めます。女性に優しすぎるハーブなんですね!こんな男性が世の中にいればすぐに結婚をした方がいいです!お子様からお年寄りまで飲めますし、夜に飲んでもカフェインがないので安心です。

またアレルギーの方にもオススメで、アトピーや花粉症・喘息の方にもよく、男性の方は加齢臭・メタボの予防にもなると言われています。まさに奇跡のお茶です。

ルイボスの代表的な成分

・ルテオリン (フラボノイド)

・アスパラチン(フラボノイド配糖体)

・タンニン

・カフェ酸

・ミネラル

・ビタミン

ルイボスの注意点

 

特にありません。

 

ルイボスのまとめ

ルイボスに唯一含有されている成分が【アスパラチン】になります。フラボノイドの一種で強い抗酸化力があります。また活性酸素を除去する働きもし、老化防止になります。

活性酸素って?
ウイルスや細菌から細胞を守ってくれますが、量が多すぎると細胞を酸化(サビ)させてしまう

このアスパラチンは乾燥させる前の【グリーンルイボス】に多く含まれています。老化防止以外には高血糖予防やメタボ予防にも効果的に働きます。

どうして高血糖にも効くのかと言うとインスリンの働きを促進し、体は糖をエネルギーへと変えていきます。

そうすると血糖値が下がってくるのと、エネルギー代謝を高めるので、血中の余分な糖を溜め込むのを緩和できるのでメタボ予防にも繋がります。

またアスパラチンはエストロゲンに似た働きもします。それと亜鉛も入っていますので女性ホルモンの分泌も助けてくれます。生理痛などの女性特有の症状に有効です。

ルテオリンも含有しているのでアレルギー症状の緩和にもなります。花粉症にも効果的なのはこの為です。花粉症にオススメのハーブはこちらをご覧ください。

そしてフラボノイドの中でも抗酸化力が高いので、アンチエイジング効果があります。活性酸素を阻害するのでシミやそばかすなども防ぎます。最近ではガン予防にも注目を浴びていて多く取ることによりガンの発生が抑えられています。

またミネラルが豊富で、カリウム・鉄・亜鉛・マンガン・ナトリウムなどがあり健康の為にも是非飲んでいただきたいです。スポーツの後に飲まれると疲労回復にも繋がるので、運動後は特にオススメです

またルイボスは睡眠の質もよくしてくれるので運動してグッスリ眠るのに最適です。

疲労回復はマテもオススメです!

いかがでしたか?代表的な成分以外にも沢山のフラボノイドが含有されていて、それら全体の相乗効果でSOD様作用を示します。即効性はありませんがゆっくりと効果が現れるので是非毎日飲んでもらいたいです!SOD達については別に書きます。これらラジカルスカベンジャーなどは体で重要な働きをしてくれています。アベンジャーズではありません。 そちらもお楽しみに!

薬に頼り過ぎず、自分の身体と向き合う事が一番大切だと考えます。
さまざまな視点から考えられる様ホリスティクな自分づくりを♪

ではアケミーン♪

谷川博昭

いい加減 内側から見直さない??友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
谷川博昭
日本初の【ホリスティックビューティー美容師】 ・JAMHA ホリスティクハーバルプラクティショナー 資格取得 ・JAPA アーユルヴェーダ アドバイザー 資格取得 外側の美しさだけではなく内面から美しくなる様にお手伝いできればと思い資格を取得しました。 美容だけではなくハーブ・アロマ・食生活の情報を発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© tolistico , 2019 All Rights Reserved.