ホリスティックビューティー美容師 谷川博昭のブログ

ご予約はこちらから

ハイビスカス(ローゼル)の効果・効能・歴史について

谷川博昭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
谷川博昭
日本初の【ホリスティックビューティー美容師】 ・JAMHA ホリスティクハーバルプラクティショナー 資格取得 ・JAPA アーユルヴェーダ アドバイザー 資格取得 外側の美しさだけではなく内面から美しくなる様にお手伝いできればと思い資格を取得しました。 美容だけではなくハーブ・アロマ・食生活の情報を発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

ホリスティックビューティー美容師の谷川博昭たにがわ ひろあきです!(@tani.herb

今回のハーブ

疲労回復効果】のあるハーブとして有名なハイビスカスについて書いていきます!

この様な方の為に書いた記事です

・疲れやすい

・スポーツの後の体力回復を早くしたい

・『シミ』や『そばかす』が気になる

・美肌になりたい

・便秘を改善したい

少しでも当てはまる方にオススメな、メディカルハーブです。

 

日常に取り込みやすいハーブですので、ぜひ最後までご覧ください!

ハイビスカスのデータ

学名 Hibiscus sabdariffa(ヒビスクス サブダリファ)
別名 ローゼル
和名 ローゼルソウ・ロゼリソウ
科名 アオイ科
使用部位 萼(がく)
萼ってなに?
雄しべのすぐ外にある器官が花弁・それよりも外にあるのが萼です。画像が萼になります。

ハイビスカスの歴史と特徴

南国の赤い花のイメージが強いハイビスカス。

ですが、ハーブティーで使われるのはヒビスク属のローゼルと言う品種です。

では、ハイビスカスの歴史を振り返っていきましょう!

歴史

ハイビスカスはクレオパトラも飲んでいたと言われるんですが、

最近分かってきた事は、実は19世紀の終わり頃にエジプトに伝わったのではないかと言われています。

 

経緯としては、インドやマレーシアで栽培されていたものがアフリカにいき、

17世紀頃に奴隷にされてしまっていた方々が南米へ持ち込み(奴隷貿易などで一緒に運ばれた)そしてメキシコなどでハイビスカスティーが有名になり、

のちにエジプトに伝わったのが分かってきたんです。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

特徴

インドからマレーシアにかけてが原産地とされています。

諸説ありますが、これが一番有力です。

学名の由来

ディオスコリデスが『ウスベニタチアオイ』つけたとされる【Ibiscosイビスコス】が元で、

ハイビスカスがヨーロッパに持ち込まれた際に、これIbiscosに似てない?

ってところから【Hibiskosヒビスコス】(ギリシャ語)になりました。

ハイビスカスの花の特徴

ハイビスカスは夏から秋にかけて花を咲かせます。

種類が5000種くらいあるので様々な色があります。有名なのは紅や白、黄色などの色味です!

そして、ハイビスカスの花は1日しか咲きません。

ですので、見つけたら写真を撮るのをオススメします!!

ハイビスカスの作用・適用

作用

・代謝促進

・消化機能促進

・緩下作用(穏やかに排便を促す)

・利尿作用

適応

・肉体疲労

・眼精疲労

・便秘

・循環不良

疲労回復や美容にとても効果的なハーブです!

クエン酸やリンゴ酸が新陳代謝を促し、

肉体の疲労や目の疲れなどを回復するのを助けます。

スポーツ後に飲まれると、より効果を実感できるでしょう!

昔、アフリカのマラソン選手のアベベさんが飲んで有名になりました。

 

また、利尿作用もありますので、

むくみ二日酔いにも効果的です。

便秘にも効果があり、内側から整えてくれるハーブです。

ハイビスカスの代表的な成分

・クエン酸・リンゴ酸・ハイビスカス酸(植物酸)

・ヒビスシン(アントシアニン)

・多糖類(粘液質)

・ペクチン

・鉄・カリウム(ミネラル)

ハイビスカスの注意点

安全性クラス:1(適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブ)

相互作用クラス:A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

特に禁忌はありません。

ハイビスカスのまとめ

新陳代謝』や『疲労回復』を促すクエン酸やリンゴ酸が、ハイビスカスティーの酸っぱさの元になっています。

シングルで飲むと、かなり酸っぱいです。

クエン酸をリンゴ酸がフォローする形で、働きます。

 

肌荒れやシミなど新陳代謝が、うまく回らない時に効果的です。

アンチエイジング効果もあります。

 

疲労回復には、クエン酸回路を潤滑に回してくれます。

『オキサロ酢酸』から『アセチルCoA』と結合しクエン酸になります。

クエン酸を取る事により、エネルギーがどんどん作られます。

クエン酸回路って?
ミトコンドリア内で起こるATP(エネルギー)を作り出す代謝システム。電子伝達系(ミトコンドリアの内膜)で一番多くATPが作られます!

そして、ヒビスシン(アントシアニン)が眼精疲労や抗酸化作用を示します。

ハイビスカスティーの赤い色は、このヒビスシンのおかげで出ているんですよ

目に効くアントシアニンパワーとかCMでも、流れていますよね!

 

カリウムは利尿作用があり、むくみや二日酔いに効果的です。

そして、植物性の鉄分が入っています。

植物性の鉄分は、通常では効率的に摂取できません。

ですがローズヒップと一緒に取る事により、吸収しやすくなります。(ビタミンCと一緒に摂取する事により)

ですから、よく一緒にブレンドされているんですね!

ローズヒップに関してはこちらをご覧下さい。

 

栄養ドリンクを良く飲まれる方は、ハイビスカスティーの方が健康的ですよ!

カフェインもないですし、糖分もないですので健康面でもオススメです!

 

美容にも健康にも効果的なハイビスカス。是非一度飲んでみて下さいね!

シングルだと酸っぱいので『ローズヒップと『オレンジピールや『ルイボスティーなんかにも混ぜても美味しいです!

色々試してみて下さいね!

薬に頼り過ぎず、自分の身体と向き合う事が一番大切だと考えます。
さまざまな視点から考えられる様ホリスティクな自分づくりを♪

ではアケミーン♪

谷川博昭

いい加減 内側から見直さない??友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
谷川博昭
日本初の【ホリスティックビューティー美容師】 ・JAMHA ホリスティクハーバルプラクティショナー 資格取得 ・JAPA アーユルヴェーダ アドバイザー 資格取得 外側の美しさだけではなく内面から美しくなる様にお手伝いできればと思い資格を取得しました。 美容だけではなくハーブ・アロマ・食生活の情報を発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© tolistico , 2019 All Rights Reserved.