ホリスティックビューティー美容師 谷川博昭のブログ

ご予約はこちらから

セージの効果・効能・歴史について

谷川博昭
WRITER
 
セージ
この記事を書いている人 - WRITER -
谷川博昭
日本初の【ホリスティックビューティー美容師】 ・JAMHA ホリスティクハーバルプラクティショナー 資格取得 ・JAPA アーユルヴェーダ アドバイザー 資格取得 外側の美しさだけではなく内面から美しくなる様にお手伝いできればと思い資格を取得しました。 美容だけではなくハーブ・アロマ・食生活の情報を発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

ホリスティックビューティー美容師の谷川博昭たにがわ ひろあきです!(@tani.herb

今回のハーブ

【長寿のハーブ】とも言われるセージについて詳しく書いていきます!

 

この様な方にために書いた記事です

セージについて詳しく知りたい

寝汗や、更年期障害によるホットフラッシュ(異常に汗をかいてしまう)に困っている

生理不順を良くしたい

冷え性を改善したい

風邪予防をしたい

ホワイトセージの浄化について知りたい

少しても当てはまる方に、オススメなメディカルハーブです。

 

詳しく書いてありますので、是非最後までご覧ください。

セージのデータ

学名 Salvia officinalis(サルヴィア オフィキナリス)
別名 コモンセージ
和名 ヤクヨウサルビア
科名 シソ科
使用部位

 

セージの歴史と特徴

浄化にも使われる、セージの歴史を振り返っていきましょう!

歴史

セージは紀元前4世紀、古代ギリシャに医師ヒポクラティスが

セージが育っているのに、なぜ人が亡くなるのだ

と言うほどセージが『万能薬』として使われていました。

 

紀元前3世紀ごろ、古代ギリシャの植物学者テオプラストスの【植物誌】に記載されています。テオプラストスは、植物学の祖とも言われています!

 

その後、紀元前1世紀ごろにはプリニウスにより【プリニウス博物誌】が書かれセージの効能が書かれています。

具体的な例まであり、

生理が遅れている時にはブドウ酒にセージを入れて飲む

セージの葉を傷口に貼ると出血を抑える

など多岐に書かれていました。

 

そして古代ローマ軍は遠征する際に、セージを蒔きながら進軍しました。これでヨーロッパに広く広まります。戦いで傷ついた際に、傷口にセージを用いたのです。

9世紀ごろにはカール大帝がスパイスやハーブの栽培を奨励し、修道院にセージなどの薬用植物が植えられました。一層人々と近い存在になり、料理などにも使われていきます。

 

10世紀にはイタリアで薬効が評価され、免疫薬として使われました。

17世紀になりヨーロッパに中国茶が輸入されると、セージを混ぜて飲むのが流行り人気になりました。

またアーユルヴェーダでは古くから歯肉炎に使われていましたが、この時代の人達も歯磨きにセージを利用していました。

 

中国でもセージは重要な薬用植物になり、セージ1ポンドにつき中国茶葉3ポンドで取引されていました

1ポンド何グラム?
約453.6グラム

日本にいつきたの?

日本には明治12年に渡来しましたが、あまり普及せず、植物園などで見られました。

なぜかと言えば、日本にはヨモギなどが使われていた為に流行りませんでした。

ですが現在では、ハーブティーや肉の臭い取りなど広く使われています。

特徴

セージの原産地は、地中海沿岸になります。

現在では世界中で栽培され、品種も500種にものぼります。

セージは比較的育てやすいですが、真夏のような強い日差しに弱いので、そこだけ注意してください。

30cmから80cm近く成長し、白みがかった緑色の葉をつけます。

 

開花時期は5月ごろになります。

イギリスでは【長生きしたければ5月にセージを食べなさい】という言い伝えがあります。

セージの名前の由来

セージの学名のSalviaは、ラテン語で【救う】を意味するSalvareサルバーレから来ています。

そしてofficinalisは薬用という意味なので、

救う 薬用】と、まさに万能薬として使われているだけありますよね!

 

こうした薬用作用と別に、普段口にするものの名前の由来でもあります。

それは【ソーセージ】です!防腐目的・消臭目的・ほのかな香り付けでセージが使われました。

別種類になりますがホワイトセージなどはパワーストーンの浄化などに使われます。

セージの花

セージの作用・適応

作用

・抗菌作用

・収れん作用(タンパク質を引き締めること。血管や皮膚などを収縮させる)

・発汗抑制

適応

・咽頭の炎症

・口内炎

・発汗異常

セージは古くから万能薬として使われていて主な効果は

  • 消化器系のトラブルに
  • 喉の痛みや口内炎に
  • 更年期障害のホットフラッシュに
  • 消化促進
  • 駆風作用
  • 冷え性

セージは高い抗菌・抗ウイルス作用を持っているので、風邪の初期や歯肉炎などに効果的です

喉が痛いときや扁桃腺が晴れている時も、ティーを飲んだり、うがいをしたりするといいですよ!

また、セージには肌を引き締める収れん作用があるので、寝汗や更年期障害でのホットフラッシュ(異常に汗をかいてしまう)にも効果的です。ホルモン様作用もあり生理不順にも有効的です

胃が荒れている時に飲むと症状が和らぎ、お腹のガスも出してくれるのでお腹が張っている時や胃が痛い時にオススメです。

血液循環も良くしますので、冷え性の改善や疲れが溜まりやすい人は症状を緩和してくれます。

 

セージの代表的成分

・ルテオリン (フラボノイド)

・ツヨン(精油)

・ロスマリン酸(タンニン)

セージの安全性

安全性クラス:2b(妊娠中には使用しない)

2d(注釈にある様な他の特定の使用制限がある)

相互作用クラス:A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

妊娠中・授乳中・てんかんをおお持ちの方は注意してください。

 

セージのまとめ

セージに含まれる精油成分は『ツヨン』や『カンファー』が含まれています。

この二つはケトン類という体内では代謝に時間がかかり、中枢神経を損傷をしてしまう可能性があると言われている成分です。

ですがティーで飲む場合には問題はありません

 

少ないですが、この成分もティーに含まれるので

・抗菌作用

・抗ウイルス作用

・去痰作用

・血行促進

などの効果があります。

天ぷらなどにして食べられますが、あまり多く食べない方がいいです。

 

ツヨンはお酒のアブサンなどで有名になりました。画家のゴッホが好きで、飲みすぎた為、幻覚や幻聴などにあい、その後亡くなりました。

アブサンはツヨンを使ったものは一時期禁止になりましたが、現在では使用量が定められ解禁されています。

砂糖をスプーンに起き溶かして飲みます。

アブサン

 

他の成分のタンニンは、収れん作用があり汗を止めてくれる効果があります。デオドラント剤の成分になっていたりします。また月経が多い時にも有効的です。

そして、このロスマリン酸は認知症にも効果的とされています。

脳のゴミとも言われる『アミロイドβ』の蓄積を抑えてくれます。抗酸化作用で老けないだけではなく、ボケないまでプラスされるアンチアイジングハーブですね!

他にもアレルギーを抑制する作用があり、花粉症に効果的です。

プラスして、抗菌・抗酸化作用もあります。

 

セージの他には、『ペパーミント』『ローズマリー』『メリッサ』にも含有されています。

料理ではお肉の臭み消しになるので、日本では生姜などを使いますが、お肉に擦り込む様にして調理すると臭い消しになります。保存の際も抗菌力があるのでオススメですよ!

ホワイトセージの浄化の仕方

コモンセージとは異なりますがホワイトセージの浄化の仕方も書きます。

浄化の仕方

ホワイトセージ

ヨガやマインドフルネスを行う時や、どんよりした場の空気を払うのに使えます。

場の浄化・心の浄化(気)ができます。

質のいい、ドライのホワイトセージに火をつけ煙を立てます。そして器においてください。

一度に沢山ではなく一束、もしくは一つづつ火をつけていきます。広い場の浄化の場合は器ごと動かし煙を回しますが、通常そもままで大丈夫です。

そして浄化ができたら窓を開け空気を入れ替えます。

 

スッキリしますので、是非やってみてくださいね!!

 

万能ハーブのセージはいかがたったでしょうか?沢山の使い方ができるので是非生活に取り入れて下さいね!

薬に頼り過ぎず、自分の身体と向き合う事が一番大切だと考えます。
さまざまな視点から考えられる様ホリスティクな自分づくりを♪

ではアケミーン♪

谷川博昭

いい加減 内側から見直さない??友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
谷川博昭
日本初の【ホリスティックビューティー美容師】 ・JAMHA ホリスティクハーバルプラクティショナー 資格取得 ・JAPA アーユルヴェーダ アドバイザー 資格取得 外側の美しさだけではなく内面から美しくなる様にお手伝いできればと思い資格を取得しました。 美容だけではなくハーブ・アロマ・食生活の情報を発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© tolistico , 2019 All Rights Reserved.